2007年11月02日

企業年金不払い124万人のうち該当者判明は1% 

企業年金連合会による企業年金不払い問題


転居等で連絡不能となっている人が多く、未払い
となっている124万人分のうち該当者の判明は1%
にとどまっていることがわかった。

同連合会では「業務改革委員会」を立ち上げ未支給
の解消策を検討するほか、来年度からは社会保険庁
からも住所情報の提供を受けて問題の解決を目指す
としている。

この問題、企業もしっかり加入者に教育することも
必要かも。
なにより加入者自身も自らのことなんだからしっか
り理解するよう心がけないとね。

同じようなこと起こるよね、また。



posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 17:04 | 宮崎 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 労働・社会保険ニュース

特定求職者雇用開発助成金 助成金、宮崎の社労士 

平成19年10月の雇い入れから支給額が定額になります。!

特定求職者雇用開発助成金
(特定就職困難者雇用開発助成金)

にほんブログ村 士業ブログへ


banner_01.gif
人気ブログランキングに参戦、プチっとね♪

こちらもプチっと♪

478117.jpg



高齢者や障害者などの就職困難者をハローワーク又は
適切な運用を期すことができる有料・無料職業紹介
事業者の紹介により、継続して雇用する労働者とし
て雇い入れる事業主に対して賃金相当額の一部の助成
を行ないます。

<現行>
【定率方式】一定割合を助成
対象労働者
(一般被保険者)
1高年齢者、障害者、母子家庭の母等(2以外の対象者)
【助成期間1年】
2重度障害者等(重度障害者、45歳以上の障害者、精神障害者)
【助成期間1年6ヶ月】
大企業 1/4 1/3
中小企業 1/3 1/2
※短時間労働者は1の助成率に2/3を乗じる。

         平成19年10月から変更
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<改正後>
【定率方式】一定額を助成
対象労働者(一般被保険者) 1高年齢者、障害者、母子家庭の母等(2・3以外の対象者)


【助成期間1年】
2高年齢者、障害者、母子家庭の母等(短時間労働者)

【助成期間1年】
3重度障害者等(重度障害者、45歳以上の障害者、精神障害者)(短時間労働者を除く)
【助成期間1年6ヶ月】
大企業50万円30万円
100万円
中小企業60万円
40万円
120万円



=========【広告】==============

西日本社労士ネトワーク11月1日より新たな

仲間が増えました。


こちらです。 ⇒ 育児・介護休業


googleまたはyahooで、“西日本社労士ネット

ワーク”と入力して検索すると表示されます。


または、こちらをクリック ⇒ http://www.sr-24nippon.jp/

10/15に追加したサイトの案内です。


あなた様の企業の退職金制度や福利厚生制度を
今一度、見直して
みませんか? 

適格退職年金に加入されていれば、見直しが
必要です。


↓ ↓ ↓ ■今すぐクリック!■ ↓ ↓ ↓



既存のサイトもよろしくお願いします。

こちらのテーマを直接クリックして、ご覧下さい。


就業規則作成 , 助成金申請代行 , 最適賃金設計

労災保険制度 , 障害年金申請代行

現在、7地区の社労士が参加しています。
今後も他の地区の社労士と
コンテンツも増やして
対応いたします。

どうぞよろしくお願いします。



======================================
posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 15:43 | 宮崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 助成金

年金保険料流用禁止法案を可決 

参院委 民主提出、参院通過へ

☆プチッとね♪、士業ブログに参戦中
にほんブログ村 士業ブログへ


banner_01.gif
人気ブログランキングに参戦、プチっとね♪

こちらもプチっと♪
478117.jpg

民主党が参院に提出した年金保険料の使途を
年金給付に限定する「年金保険料流用禁止
法案」が1日夕の参院厚生労働委員会で、民
主など野党の賛成多数で可決された。
自民、公明の与党は反対した。

参院で第一党となった民主党が政策立案能力
をアピールするため、参院に相次いで提出
した独自法案の第一弾。

参院では野党が過半数をしめているため、
2日の本会議で野党の賛成多数で可決、
衆院に送付される見通し。ただ、衆院で
多数を占める自民党、公明の与党は反対姿勢
を崩しておらず、成立は困難な情勢だ。

2回にわたる委員会質疑で与党は、年金
事務費などに必要とされる年約2,000億円
の財源をどう確保するのか
を重ねて追求。

答弁に立った5人の民主党議員が「厚労省
全体の予算からムダを省いて捻出する

などと答えた。

【引用 宮日】

なんか、いつもと逆の感じ。
自民、公明両党の賛成多数で可決っていう
のがいままでパターン。
なんか違和感感じるのは自分だけ?

それに財源、事務費で約2,000億

これって、人件費がほとんどなのかな?

どんなムダを省いて約2,000億を確保
するのか?
具体的なとこ知りたいもんだね。



=========【広告】==============

西日本社労士ネトワーク11月1日より新たな

仲間が増えました。


こちらです。 ⇒ 育児・介護休業


googleまたはyahooで、“西日本社労士ネット

ワーク”と入力して検索すると表示されます。


または、こちらをクリック ⇒ http://www.sr-24nippon.jp/

10/15に追加したサイトの案内です。


あなた様の企業の退職金制度や福利厚生制度を
今一度、見直して
みませんか? 

適格退職年金に加入されていれば、見直しが
必要です。


↓ ↓ ↓ ■今すぐクリック!■ ↓ ↓ ↓



既存のサイトもよろしくお願いします。

こちらのテーマを直接クリックして、ご覧下さい。


就業規則作成 , 助成金申請代行 , 最適賃金設計

労災保険制度 , 障害年金申請代行

現在、7地区の社労士が参加しています。
今後も他の地区の社労士と
コンテンツも増やして
対応いたします。

どうぞよろしくお願いします。





======================================
posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 07:52 | 宮崎 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 労働・社会保険ニュース
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。