2008年03月18日

時代の求める必要な人材特性とは 

Do it!
モチベーションアップのエバンジェリスト
ウリ坊です。

にほんブログ村 士業ブログへ


banner_01.gif
人気ブログランキングに参戦、プチっとね♪

こちらもプチっと♪
478117.jpg

■自分の意見を持って自己主張や提案ができる。

 同僚や上司に対しても、はっきりと意見表明・意見具申
ができるということです。妥当性ある意見を持っていると
いうことは、常日頃から問題意識をもって仕事に取り組ん
でいる証拠なのです。

■将来を見据えて、必要な勉強を継続して行っている。

 自己啓発の習慣があり、自分自身が成長しつづけるため
に努力を惜しまないということ。

■環境変化やこれからの動向に対して、スピーディーな変
化対応ができる。

 常に周囲にアンテナを張り巡らしていて、情報を収集・
咀嚼(そしゃく)し、判断する能力があるということ。

■組織人として周囲から色々な期待を感知できる。

 組織における自分自身の役割を認識し、その役割遂行に
向けて的確な行動がとれるということ。

■常に新しい領域や未知の分野を開拓したり、挑戦してい
こうとする姿勢や行動をとる。

 慣れた領域、得意な分野から一歩踏み出して、新たな領
域にチャレンジする気概があるということ。

■受身になることなく、最後まで自主・自発的に取り組む
姿勢がとれる。

 指示を待つだけではなく、今自分が何をすべきなのか、
状況を察知し、的確な判断を下し、実行に移すことがで
きるということ。

 さて、「自分はどうかな?」と考えている方も多いかと
思います。自分自身の特性や能力をきちんと認識し、組織
の人財ニーズに合ったキャリア・アップを目指すことが、
今、必要とされているのだと考えて間違いなさそうですね。

======【告知】=====================================

賃金・労働時間の及ぼす退職金・社会保険料セミナーのご案内

 現在、多くの中小企業でサービス残業、過剰な時間外労働時間
などの問題が発生しており、大きな経営課題となっています。
この問題は単に法律的または人件費削減の必要性にとどまらず、
まさに経営そのものの問題となっているため、いち早くこの問題
に企業が真正面から取り組む必要があります。

 労働時間の問題が残業代や賃金・退職金または社会保険料に
まで影響しています。また、中には管理職と一般の従業員との間
で賃金の逆転現象が起きている会社もあります。

御社は大丈夫だと思いますが。。

大テーマを軸に1、2部構成です。
視点を変えることよってみえる本質。
新たな発見、気づきのセミナーです。
最近の動向や具体的な事例も踏まえ問題解決の糸口に。

セミナー詳細及びお申し込みは
ウチヌノ人事戦略事務所(退職金制度再構築・就業規則変更サポート)
をご確認ください。

参加申込書はTOPページお問い合わせからお申し込みください。
折り返し、申込書を送らせていただきます。

又は、

TOPページのココからもお申し込みできます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
セミナー案内


タグ:人材
posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 07:54 | 宮崎 | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。