2008年04月24日

お客は売り手を写す鏡!? 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 初めての面接でも欲しい人材を見抜くことができる採用面接マニュアル

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Do it!

モチベーションアップのエバンジェリスト

ウリ坊です。



にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングに参戦、プチっとね♪

banner_01.gif

こちらもプチっと♪
478117.jpg

お客から電話がかかってくる。

 「いくらで、できるんですか?」

 「まぁ、場合によって違うんですが、○円〜○円ぐらいです。」

 「あぁ、そうですか。それでは検討して、またお電話をします。」


 当然、電話はかかってこない。 

最近の客は、価格しかいわねぇんだよな〜、と嘆く気持ちはわかる。

しかし、価格しかいわないのは、価格しか気にしないようなお客を、

自分で集めているからである。



価格しか口に出さないような客を集めるのは簡単である。

名刺をそのまま印刷したような広告などを出した場合だ。

つまり、提供している商品またはサービスが書いてあるだけ。

このような広告の場合、お客さんは、電話するときに、何を聞

いていいのか分からない。そこで、一番簡単な、業者選択の方法

として、「いくらでできるんですか?」と聞くのである。



それじゃ、価格以外を聞いてくるお客を集めるにはどうすればいいか?

購買選択基準を教える広告を出すといい。

そうするとお客様よりこんな電話が入る

 「どうして【      】はやっちゃいけないんですか?」

 「それはですね、いろいろ業者が強引な販売するでしょう?

  そうするとね・・・(以下、30秒程度で簡単に、いい

  【     】と悪い【    】の比較をする)」

   こうして電話口で成約した。

もちろん、取り扱う商品や業種によっては電話口での成約は

ほとんどない場合もあるでしょう。

しかし、実際お客の期待する商品、サービスが明確になって

電話をかけている分、話が早い。

訪問の約束は、簡単に取れるだろう。

このような購買選択基準を示唆する広告を出すと、賢いお客が集

まる(そもそも、お客は潜在的に賢いんだが、作用・反作用の法則

で、頭を使っていない広告を出すと、お客も頭を使わない。


つまりお客は、売り手自身を映し出す鏡なんだよね)。



あなたは、賢いお客に集まって欲しくないですか?



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

セミナーを見逃したあなたへ!

DVD化決定!詳細はホームページにて乞うご期待を!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

*****************************

次回は、4月28日配信(毎週月曜日好評配信中)

適年移行(退職金改革)成功法-vol.11 事務手数料

※バックナンバーvol.1〜vol.10も公開中!

*****************************




タグ:広告
posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 08:43 | 宮崎 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | コラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。