2008年05月06日

仕事のできる人、できない人の思考パターンは逆!?

Do it!

モチベーションアップのエバンジェリスト(伝道師)

ウリ坊です。

今日も燃やせハート、やる気フルスロットル!!



にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングに参戦、プチっとね♪

banner_01.gif

こちらもプチっと♪

478117.jpg



 
えぇ〜、それは難しいわ、正直無理だよな・・」

ハードルの高い仕事を与えられたときに思わずこうもらしてませんか?

つまり、悲観的に受け止めているわけだ。


 しかし、仕事の指示を受けた以上断るわけにもいかずしぶしぶ考える

わけだ。ただし、最初から腰が引けて「どうしょうか?」って考えてい

るからいわゆる思考停止状態だ。

 

 結局、深く考えて落ち込みたくないから、「どうにかなるでしょう」

と。だからいい考えなど思いつくはずもなく、あとはやりながら考えれ

ばと楽観的に考える。


 当然ながらやりだすとうまくいくはずもなく

「やっぱ、最初からうまくいくはずないって言ってたのに・・・」


モチベーションがどんどん下がっていく。

 いつの間にかうまくいかない理由を証明する事実を探すことが仕事に

なってたりするわけだ。

つまり、悲観的に行動することになる。


 これは、仕事のできない人の典型的な思考パターンだ。

悲観的に受け止める→楽観的に考える→悲観的に行動する




 では仕事のできる人はどういう思考パターンなんだろう?




 実は、仕事のできない人の全く逆パターンになる。



楽観的に受け止める→悲観的に考える→楽観的に行動する 


1.ハードルの高い仕事

⇒「できる方法が必ずあるはずだ」と考える(楽観的に受けとめる)


2.いろんなリスクと可能性を考える

⇒目標達成の可能性とひたすら考え抜く。そして、リスクも。

うまくいなかった場合の代替案を2つ、3つ考えるわけだ

(悲観的に考える)



3.行動段階

⇒十分な思考とリスク対策を練っているので自信を持って突き進む。

たとえ、不測の事態が起こっても対策を考えているので動じない。

あきらめず、黙々と突き進む。

(楽観的に行動する)



 どうだろう?

 同じ条件で同じ仕事を与えられてもこの考え方(取り組み方)で

まったくちがう結果になるであろうことは容易に想像がつかな

いだろうか?



 さて、あなたはどちらのタイプだろうか?


<<<<<<【随時更新:ウリ坊・ミニ情報】<<<<<<<<<

☆好評メルマガ『 適年移行(退職金改革)成功法毎週月曜日配信中

次回は、5月12日 vol.13 中小企業退職金共済(中退共)の仕組みを配信

※バックナンバーvol.1〜vol.12も公開中!

☆経営レポート(ゲスト版)080号人材“教育”に悩んだ時は…
3つの関係”視点から見直す!をダウンロード可!


☆見なきゃ損!ホームページにプロモーションビデオ大公開中!!

セミナーを見逃したあなたへ

DVD化決定!詳細は近くホームページにて、乞うご期待を!!

初めての面接でも欲しい人材を見抜くことができる採用面接マニュアル

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
<<
<<


posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 08:03 | 宮崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーションアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。