2008年06月04日

潜在的な見えざる力を見極める

Do it!

モチベーションアップのエバンジェリスト(伝道師)

ウリ坊です。

今日も燃やせハート、やる気フルスロットル!!


潜在的な見えざる力を見極める

 学力等の見に見える力ではなく、その人材が潜在的に持って
いる力を見極めることはとても重要。

その潜在的な「みえざる力」を「基礎能力」と呼ぶ。

その「基礎能力」を20因子に分類したものがこれだ。

1.目標を達成する力 「自分で目標を立て、やり方を考え、
          やり遂げる力」

2.本質を見極める力 「モノの本質や人の気持ちを的確に
          つかむ力」

3.プレゼンテーション力 「相手に合わせてわかりやすく
          表現する力」

4.柔軟に対応できる力 「状況に合わせて、考え方や対応
          を変えられる力」

5.計画的な行動力 「先に見て、前もって計画的に行動で
          きる力」

6.社会現象を知る力 「社会の動きや世の中の出来事、流
          行を察知する力」

7.専門性を追求する力 「必要な情報に反応し、より専門
          的知識を得ようとする力」

8.経験からアイデアを作る力 「経験から得た知識からア
          イデアを生み出す力」

9.他人へのサポート力 「人の性格や長所に合わせて、育
          成・支援する」

10.チームワーク重視性 「場の空気を読み、どんな人と
          もうまく付き合える」

11.仕事を徹底する力 「自分の役割・仕事を、最後まで
          責任を持って取り組む力」

12.新しいことへの挑戦力 「挑戦的に、未知の新しいこ
          とを切り開く力」

13.自分を制御する力 「相手の立場を考え、自分を抑え
          て役割を実行する力」

14.リーダーシップ力 「自らが先頭に立ってチームを引
          っ張る力」

15.改善・改良する力 「物事や考え方を見直し、新しい
          方向に改善する力」

16.価値を判断する力 「物事の価値を正確に理解して、
          判断する力」

17.話題を提供する力 「幅広い好奇心で多くのことを知ろ
          うとする力」

18.物事を応用する力 「自分の知識や経験をうまく仕事に
          役立てる力」

19.継続して成長する力 「周囲の状況変化に合わせて成長
          し続ける力」

20,組織に立脚した考え方 「まず組織を重んじ、そこで自
          分を活かそうとする考え方」

 実際「基礎能力」を見る際には、それぞれの仕事内容を具体
的に分析して、必要となる諸能力を職種ごとに上位3因子ずつ
設定して使う。


 → 続きを読む



参考:「適材適所」見極めブック Y-CUBEより


posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 08:07 | 宮崎 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。