2008年07月13日

何にも教えてくれないと文句を言う前に

Do it!
モチベーションアップのエバンジェリスト(伝道師)
ウリ坊です。
今日も燃やせハート、やる気フルスロットル!!

 
何にも教えてくれないと文句を言う前に

 「私の上司は何にも教えてくれない」「自分の思う通り
やってみろよ!仕事は経験で覚えるもんだ!そう言うんで
すよね・・・それはそうなんだろうけど」詳細に教えてく
れる上司もいるが、実際はこういった上司の方が多いので
はないだろうか?

 では、こういった上司は本当に教えてくれない上司なん
だろうか?それはちょっと違うと思う。だいたい事細かに
教えてくれる上司が当たり前だと思う人が驚く程多い。
だから、そうでない上司に巡り会うと戸惑い転職してしま
う人までいる。しかし、どこに転職しても同じようなもん
なのだが。であるならば、そういった上司からうまく教え
てもらうコツを身につけた方が賢いと思わないだろうか。

 コツには大きく分けて二つある。
1つ目は、「質問魔になること」

2つ目は、「小刻みにお礼をする」ことだ。

 では、それは営業という仕事で説明してみよう。
まずは同行だ。お客様のところに一緒に行く。そして上司
の会話を一字一句メモする。商談が終わる。

さあ、ここからがあなたが質問魔に変身するときだ。

「今の会社の部長さん、○○課長をすごく信頼しているよ
うに感じましたが、そう思ってもらえているのはなぜです
か?」

「さっきの会社で説明したセールスポイントと、今の会社
で言ったセールスポイントが違ったのはなぜですか?」

「あの会社では、事務所に行く前に、工場に立ち寄って挨
拶してお話しされた方がいらっしゃいましたよね、どなた
なんですか?なせその方と話をしたんですか?」

とにかく疑問を持って聞きまくる。そうすると、過去の成
功談から営業の細かいテクニックまで、仕事は経験で覚え
るものだ!という人ほど驚くほど出てくるもんだ。

 しかし、質問ばかりしていると、「うるさい!」と思わ
れることもある。だから、小刻みにお礼をするわけだ。

「○○課長、この前教えて頂いた××のやり方で、今日う
まくいきました。本当にありがとうございました。さすが
○○課長のやり方はすごいですね」こういうお礼を小刻み
にすると、相手も人間。
「そうか、じゃぁなぁ、次はこうやって、もう一歩踏み込
んでみるとうまくいくぞ!」と新たにアドバイスをもらえ
たりすることもある。

 上司を変えるのではなく、あなたの上司への接し方を変
えるのだ。

どうだろう、あなたも一度試してみてはいかがだろうか?


posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 12:25 | 宮崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーションアップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。