2008年07月30日

育児休業制度

Do it!
モチベーションアップのエバンジェリスト(伝道師)
ウリ坊です。
今日も燃やせハート、やる気フルスロットル!!

 にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングに参戦、プチっとね♪

banner_01.gif

こちらもプチっと♪
478117.jpg

育児休業制度(育児・介護休業法第5条〜第9条)
 
 労働者は、申し出ることにより、子が1歳に達するまでの間、育児休業
をすることができます(一定の範囲の期間雇用者も対象となります)。
 一定の場合、子が1歳6か月に達するまでの間、育児休業をすることが
できます。

●育児休業ができる労働者は、原則として1歳に満たない子を養育する男女
労働者です。日々雇用される者は対象になりません。
 休業の取得によって雇用の継続が見込まれる一定の範囲の期間雇用者は、
育児休業をすることができます。
 ポイント〉
 育児休業の対象となる一定の範囲の期間雇用者は、申出時点において、次の(1)、(2)のいずれにも該当する労働者です。
 
(1)同一の事業主に引き続き雇用された期間が1年以上であること

(2)子が1歳に達する日(誕生日の前日)を超えて引き続き雇用されることが見込まれること (子が1歳に達する日から1年を経過する日までに労働契約期間が満了し、更新されないことが明らかである者を除く)

労働契約の形式上期間を定めて雇用されている者であっても、その契約
が実質的に期間の定めのない契約と異ならない状態となっている場合に
は、上記の一定の範囲に該当するか否かにかかわらず、育児休業の対象
となります。

●休業期間は、
原則として1人の子につき1回であり、子が出生した日から子が1歳に
達する日(誕生日の前日)までの間で労働者が申し出た期間です。
 
一定の場合には、子が1歳6か月に達するまで育児休業をすることがで
きます。
 ポイント〉
 1歳6か月まで育児休業ができるのは、労働者又はその配偶者が子が1歳に達するまで育児休業をしている場合で、次の(1)、(2)のいずれかの事情がある場合です。
 
(1)保育所に入所を希望しているが、入所できない場合

(2)子の養育を行っている配偶者であって、1歳以降子を養育する予定であったものが、死亡、負傷、疾病等の事情により子を養育することが困難になった場合
 育児休業中の労働者が継続して休業するほか、子が1歳まで育児休業をしていた配偶者に替わって子の1歳の誕生日から休業することもできます。

申出に係る子の氏名、生年月日、労働者との続柄、休業開始予定日及び
休業終了予定日を明らかにして、1歳までの育児休業については、休業
開始予定日から希望通り休業するには、その1か月前までに申し出ます。
 
 1歳から1歳6か月までの育児休業については、休業開始予定日
(1歳の誕生日)から希望通り休業するには、その2週間前までに申し
出ます。


posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 00:24 | 宮崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児・介護休業法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。