2008年08月05日

確定拠出年金(日本版401k)、運用放置10万人突破

Do it!
モチベーションアップのエバンジェリスト(伝道師)
ウリ坊です。
今日も燃やせハート、やる気フルスロットル!!

 にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングに参戦、プチっとね♪

banner_01.gif

こちらもプチっと♪
478117.jpg

運用放置10万人突破!

 転職などで企業型の確定拠出年金(日本版401k)の加入資格
を失ったまま、他の年金制度への移行手続きをせずに放置する
人の数が増え続けている。国民年金基金連合会(国基連)によ
ると、2007年度末の放置者は11万9,675人。06年
度に比べて48%増え、初めて10万人を突破した。

 企業型の確定拠出年金に加入する人は他の企業年金を持つ企業
や公務員に転職すると、加入資格を失う。6ヶ月以内に個人型の
確定拠出年金に積立金を移す必要があるが、手続きをしないと
積立金は自動的に国基連の口座に移り、自由な運用ができなくな
る。

 07年度1年間で新たに国基連に自動如何されたのは
4万7、871人。累計人数は10万人を超え、個人型確定拠出
年金の正規加入者(約9万3千人))を上回る状態が続いている。

 放置者の増加に伴い、放置された資金も積み上がっている。
07年度末時点では291億円と前年度に比べ38%増えた。
放置したままにしておくと手数料が引かれ、資産が目減りするが、
少額の運用者は「手続きが面倒」などの理由で放置する例が目立つ。

 国基連は放置者に移行手続きを促す通知を強化しているほか、
厚生労働省も07年10月に企業型確定拠出年金の加入者の積立
金額が50万円以下なら退職時に1時金として受け取れるよう
制度を改めた。ただ国基連は抜本的な問題解決には「企業が退職
者の情報を共有するなどの協力が不可欠」(確定拠出年金部)と
みている。

【引用:日経新聞】


posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 10:02 | 宮崎 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 労働・社会保険ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。