2008年08月14日

進まぬ適格退職年金から移行手続き〜443万人が手続きを済ませてない

モチベーションアップのエバンジェリスト(伝道師)
ウリ坊です。
今日も燃やせハート、やる気フルスロットル!!


 

にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングに参戦、プチっとね♪

banner_01.gif

こちらもプチっと♪

478117.jpg

適格年金からの移行手続き促す〜443万人が手続きを済ませてない

 2012年(平成24年)3月末日で廃止される中小企業向けの
企業年金である「適格退職年金」から、ほかの企業年金制度への
移行が進んでないため、厚生労働省は関係省庁と連絡会議を設置、
移行手続きを促す取り組みを始めた。

 廃止後は「確定給付年金」「確定拠出年金」「中小企業退職金
共済」などの別の制度に移るか、従業員に分配金を払って解散する
かを選ぶ。

 適格年金の加入者は、08年3月末時点で443万人。新たな
加入申込を停止した02年度末917万人と比べ、半分近くが
手続きを済ませてない。

 厚労省は「時間に余裕があり、企業の担当者が急ぐ必要はない
と後回しにしているのでは」とみている。ただ、別の制度に移るに
は労働組合との協議も必要で時間がかかることから、速やかに手続
きを進めるため日本商工会議所などの協力も得る考えだ。

【引用:宮日新聞】


posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 11:29 | 宮崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 労働・社会保険ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。