2008年10月03日

有給休暇ってどうやってとるの?

モチベーションアップのエバンジェリスト(伝道師)
ウリ坊です。
今日も燃やせハート、やる気フルスロットル!!


にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングに参戦、プチっとね♪
banner_01.gif

こちらもプチっと♪
478117.jpg

有給休暇ってどうやってとるの

・付与された年次有給休暇をいつ取得するかは、労働者の申し出によっ
て決まるのが原則です。ただし、雇い主は事業の正常な運営に支障が
出る場合に、他の日に変更するよう労働者に求めることができます。
・休んでしまった日を、後から年次有給休暇にすることは、雇い主が認
めない限りできません。

■年休の利用目的は自由

 年次有給休暇をどんな理由で取得するのかは、労働者の自由です。たとえば、
友達と遊びに行くといった理由でもかまいません。
 ただし、自分の職場でのストライキのために使うことは、例外的に認められ
ません。
 また、雇い主は、労働者の年次有給休暇の利用について干渉してはいけない
ことになっています。労働者は休暇を取得する際に、休暇の使い道を伝える必
要はありません。

■休む日は自分で指定

 付与された年次有給休暇をいつ取得するのかは、雇い主が決められるもので
はなく、労働者の申し出によって決まるのが原則です。
 このため、年次有給休暇を取得するには、雇い主に取得する日を伝える必要
があります。
 また、年次有給休暇は、付与されてから2年経つと、時効により権利が消滅
してしまうことがありますの注意してください。

■年休はどうやって取る?

 年次有給休暇を取得したいときは、取得を希望する日を1日単位で指定し、
あらかじめ雇い主や上司に申し出ておく必要があります。半日単位の休暇は労
働者が取得を希望して、雇い主が認めた場合は可能です。
 申し出の期限や方法については、就業規則などで決められていれば、その手
続に従っておくことが望ましいでしょう。
 雇い主は、労働者から年次有給休暇の取得希望日の申し出を受けた場合、そ
の日の休暇取得を拒否できません。
 ただし、事業の正常な運営に支障がでる場合には、他の日に変更するよう労
働者に求めることができます。
 なお、ここでいう「事業の正常な運営に支障がでる場合」というのは「誰が
見てもそのとき休まれたら、会社が正常に運営できないという具体的な事情の
あるときです。ですから、単に忙しいからという理由で、労働者が休みたい日
に休ませないということはできません。

■当日に休暇をとる場合

 年次有給休暇の取得希望日の連絡は、事前にしなければならないのが原則で
すから、始業時刻をすぎてから連絡した場合は、当然にその日が年次有給休暇
になるわけではありません。
 雇い主が事後の請求として年次有給休暇と認めてくれればいいのですが、認
めてくれなければ無断欠勤扱いになることもありますので、注意してください。


タグ:有給休暇
posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 07:43 | 宮崎 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 労働法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。