2008年10月03日

基準あいまい、職場あたふた「訴え広がるパワーハラスメント」

基準あいまい、職場あたふた「訴え広がるパワーハラスメント」
指導か嫌がらせか 意識にズレ


 職権を使ったいじめや嫌がらせである「パワーハラスメント(パワハラ)」
が会社の業務に影響を与えるようになってきた。社員の士気と会社の評判を
落とさないように企業も対策に乗り出す。ただセクシュアル・ハラスメント
と違いパワハラは法的定義がなく、基準もあいまいで対応に頭を痛めている。

 ソフトウエア会社に勤めるAさん(42)は直属の上司に自分だけ無視され
ていると訴える。情報を伝えてもらえず、業務にも支障が出始めた。社長に直
訴したが変化はない。「実は社長も上司の態度を容認していた」とAさん。こ
のままでは事態がうやむやになってしまうと心配する。

相談年々増える

 企業内で主に上司から暴力や暴言、無視されるなどのパワハラ行為を受けて
悩む社員は多い。医療相談を受けるある会社では2004年からパワハラやセ
クハラの専門相談室を設け、会員企業の社員から相談を受ける。07年の相談
件数は367件で「毎年増えている」。

 07年10月には医療品販売会社社員の自殺について東京地裁がパワハラと
の因果関係を認めて労災とし、今年7月には道路会社社員の自殺は上司のパワ
ハラと関連があるとして松山地裁が賠償命令を出した。パワハラに対する社会
の見方は厳しさを増している。

 トップがパワハラ体質で社員が相次ぎ辞める会社もある。東京都にある建設
会社のBさん(26)は入社直後、前任社員の引き継ぎがないまま重要な仕事
を任された。社長は「これくらいのことができないのはおかしい。常識がなさ
すぎる」などとしかり続けた。2ヶ月後、重圧に耐えきれずにBさんは会社を
辞めた。

 予防策を模索する企業も目立つ。ある会社の人事部では全国の事業所を行脚
して研修を行ない、社員の意見に耳を傾けるという。「パワハラに本格的に
取り組むようになったのはここ2−3年のこと」という。

 07年、全社で調査したところ「社内でパワハラが起きているのではないか」
との回答が4割を占めた。これに驚き、パワハラを研修の重要テーマに据えた。
グループ会社を含めて約3、400人の社員が各地の事業所などでトップと社
員同時に研修を受ける。

 ただ、世代間の認識の差は大きい。「特に年長社員の中には先輩社員に怒鳴れ
てながら仕事を覚えた経験を持つ人もあり、『部下に熱心に注文をつけて何が
悪いのか』といった反応もなる。

 パワハラの現状に詳しい弁護士は、「通常の業鵜と一部のパワハラ行為が区別
しにくく、企業の対策が難しくなっている」といみる。暴力を振るう、達成でき
そうにないノルマを課すなどの行為は典型的なパワハラだが、一方で「部下の成
長を願って強く注意するといった行為が業務上の行為なのかパワハラなのかは、
相手によって受け止め方が違う」。

若手注意できず


 基準がはっきりしないため、過剰反応も引き起こす。「新人を注意したいが、
パワハラと思われて辞められると困るのでできないと相談をしてくる管理者が
ここ2−3年で増えた」と指摘する。単に禁止事項を増やすだけでは、会社の
業務を萎縮させかねないとみる。

 パワハラ回避へ「急がば回れ」と時間をかけ、社員の意識づくりを進める
会社もある。ある印刷会社はコミュニケーション能力向上などの講座を設け
、自主的に受講できる仕組みを整えた。講座や研修で業務への意識を高め、
社員の脱パワハラ意識を強めようと狙う。コンプライアンス推進チームの
リーダーは「マニュアルでパワハラ問題は解決しない。社員の意識向上が結局
はパワハラ回避の近道になる」と語る。

 成果主義の導入で組織が変わり、社員の意識とズレが生じ、パワハラを生む
土壌を作っている。」と考えられる。
「パワハラ対策に真剣に取り組もうとすれば、上司と部下など社員の関係、
職場の雰囲気や組織づくりなど、会社のあり方を根本から問い直す姿勢が必要」
と言えるのではないだろうか。


【引用:日経新聞】


posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 11:59 | 宮崎 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
『パワハラ』なのか『熱き指導』なのか
難しいところなんですかねぇ(~_~;)
 私は側でみていて それがどっちに相当するのか
判断できる程度の良識は持っているつもりですが・・

 パワハラは絶対に許せませんねヽ(`Д´#)ノ
Posted by ぺけにーた at 2008年10月03日 18:37
パワハラはやってる方に自覚がないというか
そういう認識がないから問題なんだよね。
残念ながら外圧でもかからないと
・・・むずかしいかも?
それでも、当人には理解できないだろうけどね
Posted by at 2008年10月03日 18:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。