2008年11月11日

パートなのにノルマがつらい、処遇変わらず解雇の不安


パートなのにノルマがつらい、処遇変わらず解雇の不安

 日本郵政グループで働く非正社員は約21万人と年々増え、正社員
(約24万人)に近づいている。民営化前の2007年に郵政産業労
働組合(郵産労)などが行なった全国調査によると、非正社員に営業
活動を指示していると組合員らの9割弱が回答。目標達成のため自ら
年賀状などを買い取る「自爆営業」も9割以上が行なっていた。「プ
レッシャーで精神疾患になる人もいる」(郵産労)

 「パートタイム白書」(アイデムまとめ、08年版)によると
「パート・アルバイトに対する評価制度があり、賃金に反映させてい
る」という事業所は35%にのぼった。一方、「働きぶりの評価によっ
て賃金に差がついた方がよい」と考えるパート・アルバイト社員も6
割を超す。正社員同様の仕事を任される人が増える中、成果主義的な
制度を望む声も少なくない。

 ならば、お互いにとって望む結果になりそうなものだが、実際は成果
を非正社員の賃金に反映しない企業も多い。パートに販売ノルマを課す
紳士服店の店長(40代)は「ノルマを達成しても賃金は横ばい。年間
5千万円を売るパートが時給800円くらいで働いている。以前、パー
トに『月10万円程度の給料で何十万円も売れません』と抗議されたと
きは返す言葉がなかった」と打ち明ける。

 全国コミュニティ・ユニオンの会長は「待遇に比べて責任や職務内容
が重すぎる。待遇を据え置いたまま正社員と同じ販売ノルマを課すこと
は、問題ではないか」と訴える。

 そもそも過大なノルマなど成果主義の行き過ぎは、長時間残業や過密
労働も招きやすい。08年4月には改正パートタイム労働法が施行され
、パートと正社員の「均衡処遇」が企業に求められている。企業にとっ
て、ノルマ設定は非正社員の戦力化の一環ともいえるが、昨今の景気悪
化もあり、肝心の待遇改善が「後回し」になる恐れもある。


  労働鵜政策研究・研修機構の特任研究員は、「非正社員の働きぶりや
能力を評価して、それに見合った賃金や処遇い変えていくのは悪くない。
ただ、長期的に訓練されて能力を高められる正社員に対し、非正社員は
訓練機会も乏しく雇用が不安定。安易に成果主義を導入すれば負担が重
くなり過ぎる」と懸念している。



【引用:日経新聞】
posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 00:54 | 宮崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109416132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。