2007年03月09日

事例26 社会保険労務士 事務指定講習

<<<<<<開業してあなたは何を武器にしますか?<<<<<<<

☆見なきゃ損!ホームページにプロモーションビデオ大公開中!!

☆セミナーを見逃したあなたへ

退職金セミナーDVD化決定!詳細は近くホームページにて

初めての面接でも欲しい人材を見抜くことができる採用面接マニュアル

☆好評メルマガ『 適年移行(退職金改革)成功法』毎週月曜日配信中


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
<<<<

【事例26】同社の安全管理者である田中武義さんが、実家
の都合により、来たる○年11月30日に退職することにな
りましたので、後任として和田清和さんを選任うすことにし
ました。

一定業種の常時使用する労働者が50人以上いる事業場
では、安全管理者を選任しなければならない。

選任の事由が生じたこと・・・上記の例では、田中さん退職
にともない安全管理者が空位となる事由
14日以内に選任し、事業主は、遅滞なく所轄労働基準
監督署長に選任報告書を提出しなければならない
(安衛法11条、安衛則4条)

提出書類
総括安全衛生管理者・安全管理者・衛生管理者・産業医
選任報告(7)


posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 22:48 | 宮崎 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 事務指定講習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。