2007年03月13日

事例24 社会保険労務士 事務指定講習

<<<<<<開業してあなたは何を武器にしますか?<<<<<<<

☆見なきゃ損!ホームページにプロモーションビデオ大公開中!!

☆セミナーを見逃したあなたへ

退職金セミナーDVD化決定!詳細は近くホームページにて

初めての面接でも欲しい人材を見抜くことができる採用面接マニュアル

☆好評メルマガ『 適年移行(退職金改革)成功法』毎週月曜日配信中


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
<<<<

【事例24】三条君子さん(30歳)は、減額調整された遺族補償
年金を3年間受けていますが、○年4月18日に再婚して吉村
君子となりました。なお、君子さんは、受給権が発生した時に
 
400日分の前払一時金を受けています。また、君子さんのほ
かに遺族はいません。


この方は、減額された遺族補償年金をもらっているので、他に
遺族年金つまり、子のある妻ではないので遺族厚生年金を
受給していると思われます。
そして、再婚つまり婚姻することで
遺族補償年金と遺族厚生年金は失権します。
提出書類として
遺族補償年金受給権者失権届(41)
遺族年金失権届(55)


遺族補償年金には、転給という制度があって
奥さんの権利が消滅したことによって、他の
受給資格者が新たに受給権者になるのですが、
この場合、他にいないので再婚した奥さんでも
遺族補償一時金がもらえることになります。
但し、遺族補償一時金は1000日分出るので
すでに支払われている400日分の前払一時金
を差し引いて支給されるということになる。
そこで、今回提出しないが、提出書類として準備の必要なもの
遺族補償一時金支給請求書



posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 23:43 | 宮崎 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 事務指定講習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。