2007年03月29日

事例13 社会保険労務士 事務指定講習

<<<<<<開業してあなたは何を武器にしますか?<<<<<<<

☆見なきゃ損!ホームページにプロモーションビデオ大公開中!!

☆セミナーを見逃したあなたへ

退職金セミナーDVD化決定!詳細は近くホームページにて

初めての面接でも欲しい人材を見抜くことができる採用面接マニュアル

☆好評メルマガ『 適年移行(退職金改革)成功法』毎週月曜日配信中


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
<<<<

【事例13】 大坂信彦さんの被扶養者である母、信子さん
(62歳)は、脳内出血のため8月25日から山本病院(
保険医療機関)に入院していましたが、9月20日に死亡
しました。信彦さん(他に遺族はいない)は、葬儀一切を
行いました。
 病院には、8月に60,000円、9月に189,000円、
合計249,000円を自己負担金として支払いました
(食事療養及び生活療養を除く)。
 死亡した信子さんは、第1号被保険者としての保険料
納付済機関が10年ありますが、老齢基礎年金、障害
基礎年金は受けてません
 なお、大坂さんの標準報酬月額は、320,000円です。




健保ー高額療養費支給申請書 46−1、2

(健保法115条、健保令41条〜43条、健保則109条)

健保ー家族埋葬料支給申請書 50−1、2

(健保法113条、健保則96条)

健保ー被扶養者異動届

(健保則48条)

国年ー死亡一時金裁定請求書

(国年法52条の2・16条、国年則61条)



posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 00:14 | 宮崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事務指定講習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。