2007年03月29日

事例10 社会保険労務士 事務指定講習

<<<<<<開業してあなたは何を武器にしますか?<<<<<<<

☆見なきゃ損!ホームページにプロモーションビデオ大公開中!!

☆セミナーを見逃したあなたへ

退職金セミナーDVD化決定!詳細は近くホームページにて

初めての面接でも欲しい人材を見抜くことができる採用面接マニュアル

☆好評メルマガ『 適年移行(退職金改革)成功法』毎週月曜日配信中


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
<<<<

【事例10】 谷口秀子さんは、秋山産婦人科医院(医師:秋山
直美)で診察を受けていました。9月10日が出産予定でしたが
、同月15日
に、無事、男子(太郎)を出産しました。この子は、夫の扶養家族と
して届出をしました
 産前産後において労働基準法の期間休業し、その後も引き続き
育児のため休業する予定です。この間は賃金は支給されません。



健保ー出産育児一時金支給申請書 49−1、2

(健保法101条、健保則86条)

健保ー出産手当金支給申請書 48−1、2

(健保法102条、健保則87条)

健保・厚年ー育児休業取得者申出書

(健保法159条、健保則135条、

厚年法81条の2、厚年法25条の2)

雇保ー被保険者休業開始時賃金月額証明書

(雇保則14条の2)

雇保ー育児休業給付受給資格確認票・

     (初回)育児休業基本給付金支給申請書

(雇保法61条の4、雇保則101条の13)

 

 

 



posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 00:32 | 宮崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事務指定講習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。