2008年01月27日

仲良しクラブで良いの?

Do it!
モチベーションアップのエバンジェリスト
ウリ坊です。

にほんブログ村 士業ブログへ


banner_01.gif
人気ブログランキングに参戦、プチっとね♪

こちらもプチっと♪
478117.jpg

社員全員がまじめで、長時間労働もいとわない
でも、業績はあがらない。
社内に活気がない。

こんな会社って意外と多い。

まじめで長時間一生懸命働いているのに
なぜか業績があがらない
いったいどこに問題があるのでしょうか?

社員同士がとても仲良し
いわゆる仲良しクラブ的な会社。
決して悪い事ではないでしょう。
和を尊ぶという意味では。
しかし、企業業績が一向に上がらない
のであれば、なにかそこに問題がある。

「仲良しクラブ」=「かばい合い」
になってませんか?

真の友人、夫婦だって
悪い事は悪いっていえるのが
本当の付き合い

なのに例えば

問題があるとわかっていても
クレームが生じてても

仕方ないとあきらめ
その場をつくろい、上に報告しない
当事者が可哀想だし、自分がミスしたとき
報告されるのがいやだから
それに上司や同僚、部下に恨まれたくない

でも、一番大事な人忘れてませんか?

そうです、お気づきですよね

「お客様」

お客様を大切にする前に、自分や身内の保身
しか考えない会社
お客様の満足を得られない会社
それは、当然業績が上がろうはずも無いですよね。

いずれ、最悪退場(倒産)の憂き目にあう可能性
が高いと思われませんか?

業績をあげる為には、お客様を中心において
社員間の喧々諤々の知恵の絞り合いが必要です。

そのために必要なのは?

そうです、「社員間の緊張感」

こういった会社で、よく見られる光景は
会議で社長が声を張り上げている。

しかし、聞いてる社員は、自分に火の粉が
かからなければと嵐が過ぎるのをずっと
待つといった姿勢だったりするのでは。

「言ったて無駄だから」

本当にそう?

言わずにダマッてて、締まりのない仲良しクラブ
よろしくやっていく会社に未来はあると思いますか?

例えば、一家の主人が不摂生していて今の生活の
仕方じゃ、早晩病気になると分かっているのに
注意すると逆に怒られるからといって何も言いませんか?
結局、病気になってしまえば、経済的支柱を失って
しまうことになるんです。
それでも、注意すると逆ギレされるからって
家族が言わないって事はないでしょう。

会社も一緒ですよ。
会社がおかしくなったら、どうしますか?
会社にいる以上は、当事者なんです。
当事者には、義務と責任がありますよね。
だから、やはり声にしなきゃいけない。

後の祭りならないように。

会社をつくるのは、他の誰でもない社員全員の
仕事に対する姿勢で決まるのです。
風通しの良い会社にしなければなりませんね。


posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 13:14 | 宮崎 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | モチベーションアップ
この記事へのコメント
風通しのよい会社
大きくなればなるほど難しいところですね・・・
Posted by 飲茶 at 2008年01月27日 22:07
>風通しのよい会社
大きくなればなるほど難しいところですね・・・

そうですね。
そういう意味では、中小企業の方が
取り組みやすいかもしれませんね。
Posted by マイケル・J・ウリ坊 at 2008年01月29日 07:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。