2008年01月30日

リーダーは、太陽であれ!

Do it!
モチベーションアップのエバンジェリスト
ウリ坊です。

にほんブログ村 士業ブログへ


banner_01.gif
人気ブログランキングに参戦、プチっとね♪

こちらもプチっと♪
478117.jpg

目標体重まであと4.4kg

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」より
プラント建設 現場所長 高橋直夫氏

今日はウォークをしながら、久々に仕事の流儀をみた
メチャクチャ感動

以下は番組より


□リーダーは、太陽であれ

日々、トラブルの解決に走る高橋だが、悩ましい問題
が起こってもその顔はいつも明るい。組織のトップと
して高橋がその信条とするのは、どんな困難に見舞わ
れても太陽のようにポジティブで明るくいること。
そのために、人と話すときには努めて笑うことにして
いる。
「よりいい仕事をするためには、やっぱり笑ってやら
ないとだめだ」
高橋はこう考える。トラブルを前にしたとき、リーダー
の一挙手一投足に部下は注視する。リーダーの態度は
チームに伝染する。
「その人が何をしようとしているのか、何を考えている
のか、どういう気分なのか
・・・ その中でどういうふうに振る舞うかというのは、
やっぱりチームを引っ張っていく上では非常に大事なん
じゃないかと私は思います」

   
□決めない”リスク”より、決める”リスク”を取る

2年半から3年間という限られた工期ですべての作業を
やり終えなければならないプラント建設。現場では想定
外のトラブルが毎日のように起こる。
そのつど、所長である高橋は、解決するための判断を迫
られる。
高橋は、決断は早ければ早いほど良いと考える。即断し
たせいで判断を誤ったとしても、誤りが判明した時点で
また即座に対処すれば、被害は最小限でとどめられる。
判断を躊躇(ちゅうちょ)して“決めない”ことによって
生じる損害こそ、最も避けるべきだと高橋は考える。
35年に及ぶ現場体験のなかで高橋がつちかってきた
流儀だ。

□誰よりも強く、できると信じる

トラブルの対処をすることが、プラント建設の現場
所長の大切な仕事。困難な状況でこそ、組織を率いる
リーダーとしての本領が試される。
高橋は、リーダーとして最も大切な資質は
「絶対にあきらめない」ことだと考える。さらに、
そのあきらめないという信念をチームの隅々まで広め
ることが重要だと言う。
「誰もが厳しいと思う状況で、『できるんだ』と信じ
る最初の一人になること。そして、それをみんなに伝
える。いろんな手立てで伝える。
・・・それを伝えられないとやっぱりチームを引っ張って
いくことはできないというのは事実ですよね。
だからリーダー足り得ないですよね、それが伝えられ
なければ」

リーダーとしてのあり方
仕事に対する姿勢
いろんなことを考えさせられました。

久々に食い入るようにテレビをみたように思います。


今日の記録
今日の記録
ウォーク6.2km
44.6km
プッシュアップ60回▲120回
腹筋
100回
150回


タグ:ダイエット
posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 00:00 | 宮崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。