2008年02月20日

あなたは、注意できますか!?

Do it!
モチベーションアップのエバンジェリスト
ウリ坊です。

にほんブログ村 士業ブログへ


banner_01.gif
人気ブログランキングに参戦、プチっとね♪

こちらもプチっと♪
478117.jpg

頭で分かっていても意外と難しいこと

それは、管理者として部下に毅然とした
態度で注意すること。

仲良しクラブよろしくやっていると
いつの間にか緊張感がなくなる
組織になってしまう。
緊張感のない組織で、業績のよい会社
というのは皆無ではないだろうか?

仲良しクラブ的組織は、内向きだ。
そうなると総じて顧客満足度が下がる結果に。

そして、育つべき部下も成長しない。

やさしいだけの管理者は残念ながら
部下から信頼も尊敬も得ることができない。
悪く言えばなめられるだけで
それ以上でもそれ以下でもない。

厳しくとも仕事に対する責任感
ビジョンが語れる上司でなければ。

たとえ、実務能力が高くても
部下を引きつける魅力に欠ける
ようではリーダーシップを取れない。

部下はご機嫌を取って欲しいなんて
思ってやしない。

そんな管理者に業を煮やし
社長や部長らがやかましく言うことに。

それが、和気あいあいだとしたら
それは大きな間違いだ。

本当の和気あいあいとは、悪いことは悪いと
注意することができる組織だ
決して、ただの仲良しクラブではない。
それぞれが、組織の一員としての職責と権限を
自覚すれば、それは自ずと導かれるもの
だとおもうが、いかがだろうか?

あなたの会社ではどうだろうか?

優秀な管理者は、和して同せずだ。

会社は、お客様にご満足して頂けることで
はじめて経営が成り立ち、そのご満足いた
だくための価値創造の対価がお給料となっ
ていることを忘れてはいけない。

だからこそ、今一度目的を明確にしなければ
ならない。

お客様にご満足いただけない行動は、毅然と
した態度で、躊躇せず、部下に注意しなけれ
ばならない。

・自分はみつけて注意せず批判だけする人

・自分は注意せず社長や部長が注意するのを傍観者然と

そんな管理者がたくさんいる会社の業績が
良くなると思えるだろうか?

たとえ最初は小さなことからでも、気づいた管理者が
お客様満足の視点で勇気を持って注意する。

実は、それが本当に部下に尊敬される第一歩でもあるのだ。









posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 17:06 | 宮崎 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーションアップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。