2008年04月15日

借入金の適正金額を把握するには? 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

セミナーを見逃したあなたへ

DVD化決定!詳細はホームページにて
乞うご期待を!!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Do it!
モチベーションアップのエバンジェリスト
ウリ坊です。

にほんブログ村 士業ブログへ


banner_01.gif
人気ブログランキングに参戦、プチっとね♪

こちらもプチっと♪
478117.jpg

 倒産とは企業経営において資金が正常に循環しなくなり、
結果的に資金の循環が絶たれた状態をいう。

 資金の循環が絶たれる状態は、

  ㈰経常収支が赤字

  ㈪経常収支は黒字であるにもかかわらず財務収支が赤字

  の2つのケースが考えられる。

 「経常収支が赤字」の場合は、日常的な企業活動のなかで、
収入と支出がマイナスの状態をいう。いわゆる赤字経営を指
し、資金的に経常収支が赤字という状態である。

 こういった場合、企業活動を維持継続していくためには、
その赤字分の資金の補填をしなければ次なる活動資金の不足
を招き、活動は停滞し、事業は継続できなくなる。

 さらに、経営は日常的な損益活動に加え、資金の借入や返
済等の財務活動も伴っている。企業損益、経常収支とは別に
借入金の調達、返済を行っている。当然、返済額の方が多け
れば、新たな借入を起こす必要が生じてくるし、借入が起こ
せない場合は財務収支が赤字になる。 

 経常収支が赤字になれば、必然的に倒産軌道にあることに
なるが、企業活動の結果は黒字であっても、財務収支が大幅
な赤字であれば、倒産を余儀なくされることもありうる。

 キャッシュフロー以上の借入金返済の発生が代表的なもの
であるが、そのためにも借入金の適正金額を把握し、限度は
超えてはならない。

 一般的には、総資産の1/3以下にとどめるべきだが、倒
産分岐点という考え方によって、自社の借入金許容額を確か
める方法がある。

 以下の数式により、倒産分岐点借入金を算出する。

 倒産分岐点借入金=売上高対税引前純利益率/金利率×売上

    *売上高対税引前純利益率=税引前利益/売上

 倒産分岐点借入金とは、黒字経営に企業にあっても借入金が
増加すると、支払利息が増加し、その為に利益が吸収されてし
まう。どれだけ借入金をしたら利益がゼロになるかを求める。

あなたの会社でも計算してみては?


posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 08:09 | 宮崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。