2008年05月04日

善循環の経営方針、組織のあり方、成果

<<<<<<【随時更新:ウリ坊・ミニ情報】<<<<<<<<<<<

☆経営レポート(ゲスト版)080号
人材“教育”に悩んだ時は…
3つの関係”視点から見直す!をダウンロード可!


☆見なきゃ損!ホームページにプロモーションビデオ大公開中!!

セミナーを見逃したあなたへ

DVD化決定!詳細は近くホームページにて、乞うご期待を!!

初めての面接でも欲しい人材を見抜くことができる採用面接マニュアル

☆好評メルマガ『 適年移行(退職金改革)成功法毎週月曜日配信中

次回は、5月5日 vol.12 中小企業退職金共済(中退共)の概要を配信

※バックナンバーvol.1〜vol.11も公開中!

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
<<
<<

Do it!

モチベーションアップのエバンジェリスト(伝道師)

ウリ坊です。




□ 善循環の経営方針

 経営方針、経営計画の策定にあたっては、前年度の反省に立って、そ

の反省を踏まえ、新年度の方針・計画を立案すべきものである。ところ

がよくあるのは、前年度を棚上げして前年度の良かった点、マイナスの

点、計画の進捗チェックもせずに、新年度プランを作成するという間違

いである。



 経営方針は働く人の士気を高めるものだから、厳しい現実に目を伏せ

てプランを発表しても、働く人からバカにされる。謙虚に事実を認め、

前年度の利益の正体をあばき、他力要因、自力要因、予期せざる材料に

も検討を加え、徹底的にマイナス要因を突く。こうした要件を新年度の

プランに織り込むものである。




  (1)経営方針をつくる  → (5)働く人の士気を高める

        ↓              ↓

  (2)計画を立てる    → (6)予算と実績との差異を追究する

        ↓              ↓

  (3)組織をつくる    → (7)人物の評価をする

        ↓              ↓

  (4)意見を調整する   → (8)人の教育をする

 

 この(1)〜(8)までが善循環してはじめて経営は順調に進むのだ

が、そのスタートが経営方針である。



□ 方針が変われば組織も変わる

 次に陥りやすい間違いは、組織とドッキングしていないことだ。組織

は方針・計画を達成するための手段である。世の中がクルクル変化し、

環境に適応する企業のみが生き残るのだから、経営方針を立てれば、方

針達成のための組織は、方針にマッチした新しい組織でなければダメで

ある。組織を細分化して責任体制をつくり、総合化で効率を高めていく。



そこで、経営方針の重点項目を中心において組織をつくる。



 そして細分化する組織は、予算、実績の差異が追究できるプロフィッ

ト・コントロールの単位に編成すること、これが組織運営のポイントで

ある。



 企業の総合力に欠けているなら、企画室を充実していけばよいし、海

外に力を入れたいなら、外国部の設置となる。いくら方針で美辞麗句を

並べたとしても、具体化する手段として組織に表れてこなければ、誰も

本気にならないだろう。



□ 成果を生ませるためには

 次に、間違いだらけの経営方針・計画としては、周知徹底の問題があ

る。方針書が机の引き出しにしまい込まれたり、年頭の発表会に聞きお

くだけでは、成果に結びつかない。そこで、作成にあたって社員を参画

させることが大事。前年度の環境、昨年の経過、特に考慮すべき新しい

要素など、方針・計画作成に必要な情報をトップ、企画スタッフからあ

らかじめ提供しておく。また、方針・計画を熟読消化するために、抱負、

決心、具体的合理化などの論文を書かせる。朝礼とか月例懇談会、毎月

定例会議には、方針・計画を読み返すことも効果がある。



 経営方針・計画は、長期計画との結びつきも重要である。中堅企業に

なれば、望遠鏡と顕微鏡とのバランス、現在と3〜5年先とのバランス

が、その企業の命運を支配する。



 2年、3年以後を安定させるには、1年目に種まきすることが必要

あり、たえず企業繁栄の豊かな土壌づくりを無視するわけにはいかない。

  

 計画費用という先行投資は、長期計画をベースにして生きてくる。



 組織経営の要点は、経営方針を主軸とする一連の善循環である。




にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングに参戦、プチっとね♪

banner_01.gif

こちらもプチっと♪
478117.jpg


posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 07:26 | 宮崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。