2008年05月16日

企業経営の三つ「ボウ」と外部の参謀、コンサルタントの上手な利用法


Do it!

モチベーションアップのエバンジェリスト(伝道師)

ウリ坊です。

今日も燃やせハート、やる気フルスロットル!!


企業経営の三つ「ボウ」と外部の参謀、コンサルタント
の上手な利用法


 事業所(個人事業と会社)が廃業は、

1996年〜2001年  38万件超

2002年〜2006年  20万社超

となっています。

 廃業の99%以上が中小企業であり、事業の開廃率の差は
増大の一途です。中小企業を中心に事業所総数の減少には歯
止めがかかっていません。
我が国の雇用の80%以上が中小企業でなされている現実
を考えると座視できない問題です。

 大手の独占・寡占はより一層進み企業間格差と地域間格差
は広がるばかりです。

 格差是正には政治的な配慮以上に被格差側の自助努力が必
要です。

 自助努力は社長の掛け声だけでは実効を持ちません。
全社員一人一人の「自分の給料は自分で稼ぐ」という自覚と
前向きな意欲の結集によってこそ実働します。

しかし、自覚と意欲だけでは実働はしても実効は上げられま
せん。

企業経営には三つの「ボウ」が不可欠です。

一つは「心棒」です。

これは会社として社長として企業人として、人生を貫く、
揺らぐことない成功への信念という一本の棒であり、
それを具体的に言い表す経営コンセプトです。

要するに経営コンセプトは経営の心棒であるということであり、
心棒の無い経営は辛抱のきかない経営であり勝ち残ることは難
しい。

二つ目は願望です。願望は夢です。

10年後はこうなっていたいと言う社長の夢が経営計画と
戦略を構築する原動力です。
そして、貴方の夢に社員が共感したとき現実の力が湧き上
がってきます。
社長が夢を失ったとき、会社は衰退の方向に向いてしまいます。

三つ目は参謀です。

情報スピードの速さ、ビジネスモデルの新旧の軋轢。
目まぐるしいニーズの変容。大手競合企業の出現の可能性。
今の企業を取り囲む外的圧力は
従来のそれとは質量ともに全く違ってきています。

しかし、一方で消費ニーズは多様化しており、
大手企業には対応できないニッチは確実に増えています。

高度情報化とロジスティックの高度化は
ニッチビジネスの可能性を確実に拡大しています。

ニッチで年商数百億の企業が出現する時代です。

クライシス(危機)とチャンス(機会)が同居しているのが現在です。
危機を回避し、チャンスをモノにしたいとすれば、
情報と戦略そして指導支援のため外部の参謀、
すなわちコンサルタントを使いこなす必要があります。

しかし、大半の社長はコンサルタントを使うことが実に下手です。

著名なコンサルなら何でも良いという考えで「先生よろしく」
と訳の分からない頼み方をするケースが大半です。

これでコンサルタント側は
「これはしめた、宜しくやらせてもらおう」
ということになり、仕事は形ばかりでお金はがっぽり持って
いかれる。

コンサルタントを頼む時は目的を明確かつ
具体的にした上で見積もりを提出させることです。

見積もりは原則的無料だし、
コンサルタントの見積りには必ず企画書が添付されています。

その企画書だけでも結構な役に立ちます。
企画書だけの利用なら無料でコンサルタントを活用できます。

そんなしたたかさも時に応じては必要では?

にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングに参戦、プチっとね♪

banner_01.gif

こちらもプチっと♪

478117.jpg







お知らせ

ホームページに「ミニレポート」コーナーを設置

人事・労務に関するレポート(A4・1P程度)を中心にアップします。

また、それだけに限らず経営に役立つ情報も併せてアップします。

是非、ダウンロードしてお役立てください。



posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 00:23 | 宮崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。