2008年05月20日

適年(適格退職年金)移行・廃止、退職金制度変更、退職金セミナー、管理者残業問題の最近の動向

Do it!

モチベーションアップのエバンジェリスト(伝道師)

ウリ坊です。

今日も燃やせハート、やる気フルスロットル!!



4月11日行なった1部・2部構成のセミナーをDVD化

内容をご紹介すると・・・


第1部が労働時間の及ぼす賃金、退職金

第2部が賃金の及ぼす社会保険料

セミナーの中身をダイジェストで数回に分けて
ご紹介いたします。


第1部については、私が担当し
以下の3つパーツに分けてお話させていただきました。

(1)管理者残業問題の最近の動向
 
(2)労働時間と賃金・退職金の関係

(3)何のための退職金?本当に払えるますか?

(1)、(2)が導入部ということで30分、(3)が
メインテーマで60分

(1)
管理者残業問題の最近の動向

 ・管理者残業問題の最近の動き
 〜1月から3月までの動き

 ・残業代の対象にならない「管理者」の3要件
 〜東京地裁は・・・

 ・アンケート(全国200社対象):会社の管理職が法律の
 3条件に当てはまるか?
 〜条件を満たさない管理職がいると答えた中小企業は、○○%

 ・「管理者」3つの条件と実態との乖離?
 〜一方、法律で定めた・・・・ともどいの声も。。。

 ・残業代を圧縮する経営側の仕掛け
 〜最終的には○○の問題

 ・「残業代が問題解決を遅らせる」という視点
 〜問題を顕在化・・・・解決が図られない

今話題の「名ばかり管理職」問題を取り上げ労働時間という
キーワードで労務マネジメント面からアプローチ。



さらに詳しくお知りになりたい方は、コチラへ







posted by マイケル・J・ウリ坊(ウチヌノ) at 07:39 | 宮崎 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 適年移行(退職金制度改革)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。